上天草の慈愛保育園 ,熊本県上天草市大矢野町中の慈愛保育園は、子供たちの自主性を育てる保育園です。

どんどやをしました

今日はどんどやをしました。一年間の無病息災をお祈りしてどんどやをしましたよ。
とても立派などんどやになりました。

立派!!

みんなで集まってお話を聞きます。
お話を聞きます

どんどやの意味や門松、しめ縄飾りの意味を話してくれました。
年神様

今年、年男の職員が点火します。
点火

とてもきれいに一番上まで火か上がりました。お見事!!です。
綺麗に燃え上がりました

「すごいね~。」と言って火を見てくれています。
すごいね~

綺麗に倒れました。みんな煙をあびて今年も無病息災で楽しめそうです。
倒れました

どんどやの日を餅をやく木切れに点火します。まるで聖火ランナーのように火を持って走ってくれました。職員がやっていたら「ぼくにさせて~」と言ってきました。
聖火らんなー?

竹が燃えるのでちょっと緊張気味です。
燃えてるよ~

ひよこ組さんは楽しそうです。竹の葉っぱが黒くなって燃え上がり、飛んでいるのを「わあー!!」って見ています。
がんばれ!

「すごいね!」と二人で言っていました。
燃えてるね

ちょっと遊びます。煙の上をジャンプ!!職員が手をつないで上にあげてくれるので嬉しそうでした。煙を全身であびました。
煙渡り

りす組さんだって怖くないよ!!健康第一!!
,ぴよーん

うさぎ組さんもみんな飛びました。タイミングよくジャンプすると高く上がります。ナイス!!タイミング!!
上まで上がりました

ひよこ組さんも大丈夫♡すごく高く飛べました。
たかい!!

おっとっと!!くじら組さんはさすがに重い!!ここまで上がるのがやっとかな。
飛んだよ~

たまご組さんは担任の先生が煙の上をふわふわさせてくれました。
たまごさんも

今年も元気に遊ぼうね。病気しないでよ。煙をたくさんあびました。
元気になるよ

毎年、丸山エビさんが
こどもたちのためにとエビをくださいます。今まで生きていたエビが命をなくしたことで自分たちの口の中に入り、栄養となってくれることをお話します。毎日食べているすべてのものに命があり、命をいただいて私たちは生きているのだと子どもたちに語りかけます。
そのことを子どもたちに伝えられるいい機会を丸山えびさんのおかげで毎年作れます。
EM菌を使って大切に大切に育てていらっしゃる丸山さんです。我が子のようにかわいがって育てておられる海老さんをたくさんいただきます。海老を見て、ふれて、そして食べてと貴重な体験をさせてくださる丸山さんに感謝します。
丸山さんのエビ、とてもおいしいですよ。


そーっと近づいて、そーっとのぞき込んでいます。
だれですか?

ほら!つかまえた!!生きているのに手でつかまえるなんて、すごいねー!!
ほら~つかめたよ

エビさんとも仲良しです。かわいい!!って、あなたの笑顔がかわいいですよ♡
怖くないよ

餅が焼けました。いちばんのり~!!いただきまーす!!くじら組のお兄ちゃんが一番に焼けましたよ。
明日から3学期!!また小学校でも楽しく頑張ってね!!
おいしそう

こうやって焼くのです。
お餅を焼きます

海老さんをお鍋に移しました。いよいよ、「いのち」をいただきます。
命をいただきます

おいしそうに出来上がりました。えびさんの命に感謝していただきます。
いただきます

ぞうさんはお餅をまだ食べています。
おいしい


今日はお腹いっぱいになりました。お餅もエビもおいしくて、おいしくて♡
とてもいいどんどやでした。みんな幸せそうに食べてくれました。
病気せずにたくさん遊べるいい一年にしようね。